外壁塗装3

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフター写真別角度です、塗り工程はいつもと変わらなかったですが、下地処理が大変でした、無数に走るヘアークラックから滲み出る錆汁(笑)とにかく殆どのクラック、ヘアークラックをUカットを入れて補修しておきました、0.2mm程度のヘアークラックでも開いてみると0.7mm位の幅があったりしたので先を見越して油断出来ませんでした、足場繋ぎのアンカーボルトは【アンヌキ】と言うアンカー撤去ツールを購入し試しましたが、びくともしなかったので仕方なくハツリとケレン、錆止め処置をし、カチオンフィラーで埋め戻しておきました。塗料は下地材がSK化研の微弾性フィラーソフトサーフSGですが可とう系弾性なので(折り曲げる力を加えるといずれ割れる)上塗り材をSK化研水性弾性セラミシリコンをお勧めしました。微弾性と弾性の2段構えになるのでクラックにはかなり強くなったと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です