外壁塗装編

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装

外壁塗装

DSC_0269

5階建てマンションの外壁改修工事の依頼を頂きました、10年程前にどこかのリフォーム店で外壁塗装をしたらしいのですが、かなりやられてます…もう酷い状態です、同業者でこんな酷い工事をして商売をしているなんて許せません、塗料を一回吹き付けで色を付けただけの状態です、その会社は潰れてしまったらしいですが、恐らく会社名を変えてどこかで同じ事をしているかもしれません、無数のヘアークラックとベランダ床からの漏水で階下の天井は剥離、スチールドアはケレン無しで剥離してベロベロ、エレベータードアは刷毛で塗って下手くそな刷毛目がビッチリ(笑)取り忘れ養生テープの上から塗装(笑)色分け部分はラインが出ずグニャグニャ(笑)足場繋ぎのアンカーと内部鉄筋から滲み出る赤錆汁(笑)これをキレイにと言う事ですから気が遠くなります、ですが請けた以上はキレイに、そして耐久性を持たせたいと思います。

外壁塗装2

DSC_0818

こちらアフター画像ですが工事期間は約4カ月、内容は◎外壁:高圧洗浄/下地処理/微弾性フィラー厚膜(砂骨ローラーによる波型模様)/水性弾性セラミックシリコン2回塗り/◎付帯部:3種ケレン/弱溶剤2液性防錆型シリコン2回塗り/◎屋上、ベランダ床:ウレタン塗膜防水です。

外壁塗装3

DSC_0815

アフター写真別角度です、塗り工程はいつもと変わらなかったですが、下地処理が大変でした、無数に走るヘアークラックから滲み出る錆汁(笑)とにかく殆どのクラック、ヘアークラックをUカットを入れて補修しておきました、0.2mm程度のヘアークラックでも開いてみると0.7mm位の幅があったりしたので先を見越して油断出来ませんでした、足場繋ぎのアンカーボルトは【アンヌキ】と言うアンカー撤去ツールを購入し試しましたが、びくともしなかったので仕方なくハツリとケレン、錆止め処置をし、カチオンフィラーで埋め戻しておきました。塗料は下地材がSK化研の微弾性フィラーソフトサーフSGですが可とう系弾性なので(折り曲げる力を加えるといずれ割れる)上塗り材をSK化研水性弾性セラミシリコンをお勧めしました。微弾性と弾性の2段構えになるのでクラックにはかなり強くなったと言えます。